© 2018 EverythingCounts

Practical Numerology

数秘学はなぜ「あたる」のか?

 

生年月日の数字が「なぜ」その人の性格や有り様を言い当てられるのか、これに関しては天体や星の位置で人を読む占星術や、統計学でみる確率の問題、その他のスピリチュアルな説も含めると、数限りない仮説が立てられています。だだし、まだ正解や定説と呼べるものはない、というのが現時点での状況です。つまり、科学的な証明ができていない(=現時点では、数秘学はサイエンスではない)わけです。このシステムを統計学のようなサイエンスに近いものと見るか、物質的なものを超えたスピリチュアルなものと見るかは、個人の自由でしょう。正解はありません。

 

1つ確かなことがあるとすれば、数秘学のチャートのリーディングはフィールドワークに近いということ。これは、実際にさまざまな人の生年月日のチャートのリーディングをしながら、生年月日の数字の情報の信憑性を確認し、経験的に理解していく、という方法です。これは同時に数秘学の本質でもあります。生年月日チャートの数字は、あくまで「あなたが生きる」べきもので、数字を「頭で理解する」という次元で留まるべきではありません。チャートを知り、数字を知り、自らを知った上で、あなた自身の持つ数字すべてを生かし、数字に助けられながら人生を進んでいく。これがこの数秘学の最大の目的です。実践あるのみ。プラクティカル•ヌメロロジー(実践的数秘学)というこのシステムの名前がすべてを語ります。

 

「1」から「11」までの数字

 

数字の意味を理解するに当たっては、次のことを覚えておくと役立つでしょう。

 

•数字には「核」となる基本の意味があること。

•数字の意味には、プラスの側面とマイナスの側面があること。

•数字は揺らぐもので、その時々によってプラス面が強く出たり、マイナス面が強く出たりすること。

 

「1」から「11」までの数字の基本的な意味はこちらです。

「1」始まり

「2」つながり

「3」創造性

「4」論理

「5」身体

「6」心

「7」心の声

「8」生命力

「9」終わり

「10」可能性の実現

「11」スピリチュアル