数秘学のシステムの成り立ち

みなさん、こんにちは!

数秘学クラブ"Everything Counts" のジョアンナです。


今日はPractical Numerologyについてお話をするわ。

これは、みなさんにお伝えしている

数秘学のシステムの名前よ。


数秘学にもいろいろあるけれど、

このシステムは

クンダリーニ•ヨガをアメリカに紹介した

インド人のグル、ヨギ•バジャンが使っていたもの。


それをお弟子さんの女性、

サンギート•カルサが書きとめ、まとめたの。

彼女はアメリカに住んでいて、

数秘学や瞑想、ヨガを教えてるわ。


彼女は生年月日の数字を使った

セッションやコンサルテーションをしていて

個人はもちろん、企業の人事に

数字を使ったアドバイスしているそうよ。


サンギート•カルサから数秘学を学び

Practical Numerology という形に作り直したのが

ハワイを拠点に世界で活躍中のタイラー•W•モンガン。


彼は大学の医学部に在籍中に

サンギート•カルサの数秘学を学んだのだけれど、

もともとがサイエンス畑の人。


こういう、スピリチュアルな教えは

「役に立たないもの」だと証明したくて

おもしろ半分に学んでみたら


生年月日の数字が

正確に自分の性質を教えてくれることにびっくり。


でも、疑いの心は捨てずに(笑)

いろいろな人のチャートのリーディングをしていたけれど

数字情報はいつも、正確。


そこでこの教えは人の役に立つと、

10年近くかけて、

システムをより実践的に、

分かりやすく再構成して

Practical Numerology

が誕生したの。


その後、タイラー•W•モンガンは

医者になるのはやめて、

大学を退学しちゃったわ

今は世界を飛び回り、

数秘学、神経科学、解剖学、哲学を教え

企業のコンサルタントやコーチングもしているの。


ずっと学び続ける人だけれど、

今は大学院に在学中で、

量子力学の論文を執筆中なのだそう。

日本にも年に2、3回来日し、

数秘学やマインドワークを教えているから、

ぜひ、講座を受けてみてね。


今回は、Practical Numerology の成り立ちについて、

お話しました。

それではまたね。


数秘学クラブ"Everything Counts" のジョアンナより

最新記事

すべて表示

「1」のこと。「1」へのお願い。

こんにちは。 数秘学クラブ ‘EverythingCounts’ のジョアンナです。 「1」は、 はじまり/スタート 一番/1人//自立 の数字。ほかにも 可能性 種 独創性/オリジナリティ という意味もあります。 なにかがはじまるときって、 この先、どうなるかがまだ分からない、 わくわく感と、 ドキドキする気持ち が両方あるものだけれど、 「1」はそんな数字です。 チャートに「1」がある人は、

数字のリーディングを楽しくするには。

こんにちは。 数秘学クラブ ‘EverythingCounts’ のジョアンナです。 数秘学の「はじめの一歩」は、 生年月日の数字が自分の性質を表す、 という前提を受け入れること。 数秘学って古代からの智慧で、 何千年もの間、「智慧(ちえ)の道」を進む人たちが 宗教をはじめとする、いろんな「流派」で使ってきたもの。 道ってなにか?というと、 ここでは、智慧へ達するまえでの過程/プロセス、 というこ

グローバルイヤー「3」に気をつけて。

こんにちは! 数秘学クラブ'EverythingCounts'のジョアンナです。 みなさま、いかがお過ごしですか? あっと言う間に4月も下旬、 グローバルイヤーナンバーも、 2018年「11」から、2019年の「3」に 完全に移り変わりました。 今日は、グローバルイヤー「3」のお話。 「3」は風や川のように、止むことなく、流れ続ける数字。 自由で明るいエネルギーだけれど、 コントロールが難しい、と

© 2018 EverythingCounts