「2」わたしとあなたの世界

みなさん、こんにちは!

数秘学クラブ"Everything Counts" のジョアンナです。


今回は「2」についてお話するわね。


「2」は「1」の次の数字。

1つだったものが分離してして

2つになったもの、それが「2」なの。


「1」は、わたし=世界で、

何も無い、まっさらな世界にわたし1人しかいなかったけど、

「2」はそこにもう1人加わった二人の世界。


そこから生まれてくるこの数字のエネルギーは


「関係」


「2」の世界には、


わたしとあなた、の二者が存在するの。


「2」という数字の形を見てみて。 

曲線と直線でできているわよね。


柔らかい曲線と固い直線でできている「2」は


陰と陽


を表しているの。


あらゆるものは二面性を持っている。つまり、


表と裏、

プラスとマイナス、

メリットとデメリットがあるけれど、


「2」に特徴的なのは


ものごとのマイナス面を見る


という傾向。


明日のハイキング、荷物の準備ができた!というとき


「ちょっと待って。雨が降るかもしれないから、

やっぱりレインコートも持って行きましょうっ」


と言い出すような人。つまり、


慎重で注意深いの。


ある意味、用意がいい人だけれど

行き過ぎると


不安

心配症


にもなるので、そこには注意。


リスクを見極める力がある


ので、チームにはぜひとも必要な人。


つながりを切望する人


でもあるわ。もともと「1」だったのに、

分離して二つになってしまったから「2」は


寂しい


分かれる前のもとの世界にもどりたい。



誰かとの1対1の

強いつながりや、結びつきを求める。


その人といっしょにいられれば

それだけで幸せ、という恋愛体質、かも。


誰かを好きになると

その人しか目に入らなくなるぐらい

夢中になる。


愛する人、大切な人は、

自分の一部のように感じる。


わたし、と、あなた、

の二人の世界にどっぷりつかれる。


ソウルメイトはどこ?

ベターハーフはどこ?



生年月日チャートに「2」を持つ人が

知っておきたいポイントは


自立、かしら。


あなたは、あなたでいるだけで「完全」である。

あなたに、足りないものはない。


「相手方」がいなくても、いなくなっても、不安にならないこと!

あなたは、1人で十分に魅力的。


自分は1人で完全な存在、

結びつく相手を探さなくてもいい、


と分かったときに

本物のソウルメイトはあらわれるもの。


「2」は謙虚な性質があるので、

偉そう!な態度も、ときには必要よ。


それでは今回はここまで。

またね!


数秘学クラブ"Everything Counts" のジョアンナより。

最新記事

すべて表示

「1」のこと。「1」へのお願い。

こんにちは。 数秘学クラブ ‘EverythingCounts’ のジョアンナです。 「1」は、 はじまり/スタート 一番/1人//自立 の数字。ほかにも 可能性 種 独創性/オリジナリティ という意味もあります。 なにかがはじまるときって、 この先、どうなるかがまだ分からない、 わくわく感と、 ドキドキする気持ち が両方あるものだけれど、 「1」はそんな数字です。 チャートに「1」がある人は、

数字のリーディングを楽しくするには。

こんにちは。 数秘学クラブ ‘EverythingCounts’ のジョアンナです。 数秘学の「はじめの一歩」は、 生年月日の数字が自分の性質を表す、 という前提を受け入れること。 数秘学って古代からの智慧で、 何千年もの間、「智慧(ちえ)の道」を進む人たちが 宗教をはじめとする、いろんな「流派」で使ってきたもの。 道ってなにか?というと、 ここでは、智慧へ達するまえでの過程/プロセス、 というこ

グローバルイヤー「3」に気をつけて。

こんにちは! 数秘学クラブ'EverythingCounts'のジョアンナです。 みなさま、いかがお過ごしですか? あっと言う間に4月も下旬、 グローバルイヤーナンバーも、 2018年「11」から、2019年の「3」に 完全に移り変わりました。 今日は、グローバルイヤー「3」のお話。 「3」は風や川のように、止むことなく、流れ続ける数字。 自由で明るいエネルギーだけれど、 コントロールが難しい、と

© 2018 EverythingCounts