行動する「5」

みなさん、こんにちは。

数秘学クラブ “EverythingCounts”のジョアンナです。


さて。今回は「5」のお話。


これまでは


「1」→1人の世界とはじまり

「2」→2人の世界と関係

「3」→みんなの世界とチーム

「4」→「1」から「3」までを受け入れる秩序のある世界


を見てきたわ。


そこから、次のステップへと進んで出てくるのが「5」。


「5」→現実世界


身体 


の数字なの。


では、身体って何のためにある?


行動


するため。


行動ってついつい忘れがちだけれど、

身体を動かすことなのよね。


運動

実践

演技やパフォーマンス


これも「5」。他に、身体を使うものは…?


移動

旅行


何となく「5」の雰囲気がつかめたかしら?


五感を表す数字でもある。


見る。

聞く。

触れる。

味わう。

臭う。


これはすべて、体内の感覚器官を通して行っていることよね。


では。身体を使い、行動し、五感を働かせ、移動していると

どんなことがあるかしら?


いろいろな人に出会うわよね?

家で黙っていても出会いはないけれど、

外に出ると、そこには人がたくさん。


ネットワーク


行動をする人は、経験する人。


実体験


いろいろな経験があって

いろいろな人に会う

そんな経験を周囲にシェアする


先生


先生のタイプも様々だけれど、

理論というより自分の経験から学んだ

実践的なことを教えてくれるのが「5」の先生。


考えるより先に身体が動くのが「5」


活動的で行動力抜群


家にじっとしていることがなく

いつでもアクティブ。

身体が自由に動くの。


変化


次から次へと行動して停滞しない。

変わる、ということに抵抗感がない。


思ったら(思うより前に)→行動する

モチベーション→形にする


現実世界

現象世界

物質世界


つまり

五感で体感できる、


現実そのもの。


生年月日チャートに「5」がある人へのアドバイスは


毎日身体を動かすこと。

エクササイズをすること。


スポーツでもヨガでもウォーキングでも

何でもいいので自分と身体との結びつきを

忘れないでいることね。


活動過多に気をつけること。


考えるより先にまず身体が動いちゃう!

というぐらい、行動的な人もいるけれど、

気づかないうちに身体を酷使していることもあり。


バランス


が大事。


身体は、単に筋肉とか骨とか、

内蔵器官が集まってできているものではなくて

それを働かせるメカニズムがあってこそ。

AI(人工知能)を含めた物には命は宿らないけれど

生物の身体には命が宿る。

物っぽいけれど、物でないのが肉体よ。


意識を宿し、

神聖なものを感じ、

自己実現をする


これは、身体という場を通してだけ可能なの。


身体は寺院であり、神社であり、教会であり、アシュラムであり…

神聖な場。大切にしましょうね。


数秘学クラブ “EverythingCounts”のジョアンナより。

最新記事

すべて表示

「1」のこと。「1」へのお願い。

こんにちは。 数秘学クラブ ‘EverythingCounts’ のジョアンナです。 「1」は、 はじまり/スタート 一番/1人//自立 の数字。ほかにも 可能性 種 独創性/オリジナリティ という意味もあります。 なにかがはじまるときって、 この先、どうなるかがまだ分からない、 わくわく感と、 ドキドキする気持ち が両方あるものだけれど、 「1」はそんな数字です。 チャートに「1」がある人は、

数字のリーディングを楽しくするには。

こんにちは。 数秘学クラブ ‘EverythingCounts’ のジョアンナです。 数秘学の「はじめの一歩」は、 生年月日の数字が自分の性質を表す、 という前提を受け入れること。 数秘学って古代からの智慧で、 何千年もの間、「智慧(ちえ)の道」を進む人たちが 宗教をはじめとする、いろんな「流派」で使ってきたもの。 道ってなにか?というと、 ここでは、智慧へ達するまえでの過程/プロセス、 というこ

グローバルイヤー「3」に気をつけて。

こんにちは! 数秘学クラブ'EverythingCounts'のジョアンナです。 みなさま、いかがお過ごしですか? あっと言う間に4月も下旬、 グローバルイヤーナンバーも、 2018年「11」から、2019年の「3」に 完全に移り変わりました。 今日は、グローバルイヤー「3」のお話。 「3」は風や川のように、止むことなく、流れ続ける数字。 自由で明るいエネルギーだけれど、 コントロールが難しい、と

© 2018 EverythingCounts