落ち着きの「4」

みなさん、こんにちは。

数秘学クラブ “EverythingCounts”のジョアンナです。


これまで


「1」←1人の世界

「2」←2人の世界

「3」←みんなの世界


のお話をしてきたけれど、今回は「4」。


「4」の世界は、どんなところなのかしら?


「4」は、秩序とシステムのある世界。


1人だったら気ままでルールはいらないし

2人だったらすべては2人で解決できるけれど

「みんな」になったら秩序がないと

世界が混沌としてきてしまう。


人がたくさん集まるところには、

すべての人が気持ちよくいられるように


秩序

枠組み


が必要なのよね。


「3」は自由に流れるマインドだったけれど、

そこで生まれたものを型におさめる働きをするのが「4」。


「4」の形は、四角

「四」という漢字は四角い「箱」に入っているでしょ?

これが「4」のエネルギーなの。


ちょっと窮屈なことろもあるけれど、大切な数字よ。


アイデアは放っておくと、

宇宙の果てまで飛んで行ってしまう。


それをキャッチして箱におさめる


これが「4」の役割の1つ。


絵はアイデアを

四角いキャンバスに描きだすでしょう?

キャンバスがないと絵も存在できないのよ。


ニュートラル/中立


の数字でもあるわ。


ものごとのプラスとマイナスの両面を見ることができて

冷静な観察眼を持っている。


バランスのとれた「4」は、


みんなに平等、フェアな人。

計画を立てるのも得意。


いいところも、そうでないところも含めて

全体を見渡すことができるから

オーガナイズ上手


旅行の計画、スケジュール作りは「4」におまかせよ。


「4」は段階を踏みながら

階段を一段一段登っていくようなところがある。

歩みは早くはないかもしれないけれど

一歩一歩着実に、ゴールに向かうタイプかも。


論理的思考に長けているのも特徴。

全体を見通す力が

冷静な論理を生み出すの。

表情豊かではないかもしれないけれど

真面目だし正直


ちょっと注意が必要なのは


頭の使い過ぎ。

理詰めになり過ぎ。


ものごとの筋道を

論理の破綻なく説明するのが得意なので


批判的

自分は正しい


という態度になることも。


理路整然としすぎちゃうと

まわりが困ってしまうから、

そういうところは気をつけてね。


生年月日チャートに「4」がある人へのアドバイスは…


考え過ぎない。


頭の中では完璧でも、実際はそうでなかったり

できないと思っても、やってみると案外うまくいったり。

世の中はそんなものだから、


頭がいつもいっぱい!という人は

体を動かして、とりあえずやってみる。


それが「4」のいいバランスを保つ秘訣。


まだまだたくさん、言いたいことはあるけれど

今日はここまでにするわ。


またね!

数秘学クラブ “EverythingCounts”のジョアンナより。

最新記事

すべて表示

「1」のこと。「1」へのお願い。

こんにちは。 数秘学クラブ ‘EverythingCounts’ のジョアンナです。 「1」は、 はじまり/スタート 一番/1人//自立 の数字。ほかにも 可能性 種 独創性/オリジナリティ という意味もあります。 なにかがはじまるときって、 この先、どうなるかがまだ分からない、 わくわく感と、 ドキドキする気持ち が両方あるものだけれど、 「1」はそんな数字です。 チャートに「1」がある人は、

数字のリーディングを楽しくするには。

こんにちは。 数秘学クラブ ‘EverythingCounts’ のジョアンナです。 数秘学の「はじめの一歩」は、 生年月日の数字が自分の性質を表す、 という前提を受け入れること。 数秘学って古代からの智慧で、 何千年もの間、「智慧(ちえ)の道」を進む人たちが 宗教をはじめとする、いろんな「流派」で使ってきたもの。 道ってなにか?というと、 ここでは、智慧へ達するまえでの過程/プロセス、 というこ

グローバルイヤー「3」に気をつけて。

こんにちは! 数秘学クラブ'EverythingCounts'のジョアンナです。 みなさま、いかがお過ごしですか? あっと言う間に4月も下旬、 グローバルイヤーナンバーも、 2018年「11」から、2019年の「3」に 完全に移り変わりました。 今日は、グローバルイヤー「3」のお話。 「3」は風や川のように、止むことなく、流れ続ける数字。 自由で明るいエネルギーだけれど、 コントロールが難しい、と

© 2018 EverythingCounts