直感の「9」

みなさん、こんにちは。

数秘学クラブ “EverythingCounts”のジョアンナです。


今回は「9」のお話です。


まずは、形に注目。

この数字、下はすっきりなんだけど、


上の方が重そう。

頭でっかち。


「9」を逆さまにすると「6」になるけれど


「6」→ハラにエネルギーが集まっている

「9」→頭にエネルギーが集まっている


「6」は心の数字だけれど、「9」は頭の数字なのね。


考える人。

直感にすぐれ、

瞬時にすべてを知る人。


経過やプロセスをすっとばして、

始めたとたんに、最終地点まで到達する人。


「9」のマインドの働き方のイメージは、

1つの場所から遠くの場所まで一瞬にして到達する、

量子の「テレポーテーション」。


「9」がチャートにある人は、

自覚がないかしら?


頭の回転が早く

知りたい欲求が強く

いろいろなものに興味があって、

どれか1つに絞るのが難しい。


知りたいという強い気持ちで

猛スピードで学びを続けていると、

知識が膨大になるけれど、


それを人に伝える助言者が「9」

有識者、専門家としてアドバイスができるの


注意が必要なのは、いろいろ手を出し過ぎて

どれもが中途半端にならないようにすること。


まずは何か1つに的を絞り

それを徹底的に学び、知り、経験し

その道のマスター/達人になるようにね。


何でもいいの。スポーツでも仕事でも遊びでも、

自転車を直すことでも、お母さんになることでも、


「わたしはこの道を行く」

「わたしはこの道でプロフェッショナル」


というのが大切。というのも、


1つをマスターすることで、すべてをマスターする


というのが「9」だから。


ある道を極めると、他の道も必ず分かる。


終わり、死。


何かを極めマスターすることは、

終わり、死でもある。極めたあとには、


手放す。


手放すことで新たなものが生まれる空間ができる。


死→手放す→空間ができる→新たなものが生まれる


これは「9」の持つ大事な流れ。


何ごとにも執着せず、

手放すことを恐れずに、

すべてはいつか終わりを迎えること、

終わりは始まりであるということを


いつも覚えておいてね。


1つの道で達人になること。

執着せずに手放すことを恐れないこと。

直感を信じること。

マスターすることで得た知識をシェアすること。

死は再生へとつながること。


こんなことも忘れずに。そして


他の人への歩み寄りも。


「9」の頭の回転が速いけれど、

周りの人はもっともっとスロー、

「9」が瞬時に分かることを、

時間をかけてやっと分かる人もいる。


山の上にじっと座っている「長老」のような「9」だけど

ときどきは山のふもとに降りて来て、

そこにいる人たちに、

ゆっくり、いろいろと教えてあげてくださいね。


それでは今日はこれくらい。

またね!

数秘学クラブ “EverythingCounts”のジョアンナより。

最新記事

すべて表示

「1」のこと。「1」へのお願い。

こんにちは。 数秘学クラブ ‘EverythingCounts’ のジョアンナです。 「1」は、 はじまり/スタート 一番/1人//自立 の数字。ほかにも 可能性 種 独創性/オリジナリティ という意味もあります。 なにかがはじまるときって、 この先、どうなるかがまだ分からない、 わくわく感と、 ドキドキする気持ち が両方あるものだけれど、 「1」はそんな数字です。 チャートに「1」がある人は、

数字のリーディングを楽しくするには。

こんにちは。 数秘学クラブ ‘EverythingCounts’ のジョアンナです。 数秘学の「はじめの一歩」は、 生年月日の数字が自分の性質を表す、 という前提を受け入れること。 数秘学って古代からの智慧で、 何千年もの間、「智慧(ちえ)の道」を進む人たちが 宗教をはじめとする、いろんな「流派」で使ってきたもの。 道ってなにか?というと、 ここでは、智慧へ達するまえでの過程/プロセス、 というこ

グローバルイヤー「3」に気をつけて。

こんにちは! 数秘学クラブ'EverythingCounts'のジョアンナです。 みなさま、いかがお過ごしですか? あっと言う間に4月も下旬、 グローバルイヤーナンバーも、 2018年「11」から、2019年の「3」に 完全に移り変わりました。 今日は、グローバルイヤー「3」のお話。 「3」は風や川のように、止むことなく、流れ続ける数字。 自由で明るいエネルギーだけれど、 コントロールが難しい、と

© 2018 EverythingCounts