生年月日チャートの例

みなさん、こんにちは!

数秘学クラブ "Everything Counts" のジョアンナです。


前回はチャートの作り方をお話したので

今回はチャートの例をご紹介するわ。


まずは縦線二本、横線二本で

こんなチャートを書いてみて。

横に○を書くのも忘れずにね。




数字はレッスンナンバーから

順番にチャートに書き込むの。

生年月日は西暦を使ってね。


今回は、この人の誕生日を例に使うわ。


Brock Boeser : 1997年2月25日生まれ


レッスンナンバー :「2」


誕生月の数字がレッスンナンバー。

2月生まれなので「2」よ。

11月まではそのままの数字を使い、

12月は1+2=3 ね。


ソウルナンバー : 2+5=「7」


誕生日の数字がソウルナンバー。

25日生まれなので「7」。

11以下になるまで、十の位と一の位を足してね。


ファンデーションナンバー : 2+7=「9」


レッスン「2 」ソウル「7」=ファンデーションナンバー「9」

二つの数字を11以下になるまで足してね。


ギフトナンバー: 9+7=16→1+6→「7」


西暦の下二桁の数字を11以下になるまで足してね。

1997年なので9+7→「7」


パストナンバー : 1+9+9+7=26→2+6→「8」


西暦の4桁の数字を11以下にまるまで全部足してね。

1997年生まれなので、1+9+9+7→「8」


アセットナンバー: 7+8=15→1+5→「6」


ギフト「7」+パスト「8」=アセット「6」

チャートの右側の二つの数字を足すの。


プロジェクションナンバー : 7+7=14→1+4→「5」


ソウル「7」+ギフト「7」=コア「5」

こちらは、上の右二つの数字を足すの。


コアナンバー: 2+8=「10」


レッスン「2」+パスト「8」=コア「10」

真ん中の右の二つの数字を足してね。


パーパスナンバー : 1+9+9+7+2+2+5=35→3+5→「8」


パーパスナンバーは、生年月日の数字を全部足した数字よ。


    Brock Boeser : 1997年2月25日生まれ


完成図はこちら。上手に作れたかしら?


これがあなたのライフストーリーを描き出すチャート。

ぎっちり情報がつまっているので

紙に書いていつも持ち歩くことをおすすめします。


これから、数字のお話もしていくわ。

あなたのチャートの数字は、どういう意味があるのかしら?

いっしょに読み解いていきましょう!



数秘学クラブ "Everything Counts" のジョアンナより

最新記事

すべて表示

「1」のこと。「1」へのお願い。

こんにちは。 数秘学クラブ ‘EverythingCounts’ のジョアンナです。 「1」は、 はじまり/スタート 一番/1人//自立 の数字。ほかにも 可能性 種 独創性/オリジナリティ という意味もあります。 なにかがはじまるときって、 この先、どうなるかがまだ分からない、 わくわく感と、 ドキドキする気持ち が両方あるものだけれど、 「1」はそんな数字です。 チャートに「1」がある人は、

数字のリーディングを楽しくするには。

こんにちは。 数秘学クラブ ‘EverythingCounts’ のジョアンナです。 数秘学の「はじめの一歩」は、 生年月日の数字が自分の性質を表す、 という前提を受け入れること。 数秘学って古代からの智慧で、 何千年もの間、「智慧(ちえ)の道」を進む人たちが 宗教をはじめとする、いろんな「流派」で使ってきたもの。 道ってなにか?というと、 ここでは、智慧へ達するまえでの過程/プロセス、 というこ

グローバルイヤー「3」に気をつけて。

こんにちは! 数秘学クラブ'EverythingCounts'のジョアンナです。 みなさま、いかがお過ごしですか? あっと言う間に4月も下旬、 グローバルイヤーナンバーも、 2018年「11」から、2019年の「3」に 完全に移り変わりました。 今日は、グローバルイヤー「3」のお話。 「3」は風や川のように、止むことなく、流れ続ける数字。 自由で明るいエネルギーだけれど、 コントロールが難しい、と

© 2018 EverythingCounts