大いなる流れ...イヤーナンバーのお話

こんにちは!

数秘学クラブ’EverythigngCounts’のジョアンナです。


今年も残すところあと2ヶ月。

時の流れはとても早くて恐くなるぐらい。


これからしばらく、

猛スピードで過ぎ去る日々を無駄にせず、

大切に、意識的に生きていくためのヒントとなる、

「イヤーナンバー」の記事をお届けします。


まずは、基本的なところから。


数秘学ではものごとは


9年の周期で流れる 


と考えるの。


人生のサイクルを9年周期で捉えるのは、

数秘学以外でもわりと一般的。


「1」の生誕/始まりから

「9」の死/終わりまで


この9年間で1つのサイクル。


「1」から「9」までのサイクルの中で

年ごとに強まるエネルギーが変わるのだけど、

それが「イヤーナンバー」なのね。


人生には、引っ越し、転職、起業、結婚などなど、

たくさんのライフイベントがあるけれど、

イヤーナンバーはその年に、


何をすべきか、

何をしない方がいいか


を教えてくれる優れものなの。


年ごとに


「積極的にやっていいこと」

「やらない方がいいこと」


があるので、覚えておくと

1年の流れがとてもスムーズ。


イヤーナンバーの基本的な考えは


「大いなる流れ」に従う


ということ。世の中には、

個人の力ではどうにもならない


自然の摂理、

宇宙法則、

世界の秩序


みたいなものがあるわよね。


年ごとのイヤーナンバーのエネルギーは、


自分という枠を超えたところが源にある、


と思っておくといいの。大きな崇高な力ね。


自分が好きとか嫌いとかに関わらず、

必ずやってくる流れだから、そういうエネルギーに


抗ったり

歯向かったり

抵抗したり


するよりも


受け入れて

順応して

ありのままに捉える


方がずっと楽に、しなやかに生きていけるの。


イヤーナンバーには


•パーソナルイヤーナンバー

•グローバルイヤーナンバー


の2種類があります。


次回はこの二つについてお話します。


今回のところは


イヤーナンバーは毎年変わる、その年特有のエネルギーの流れで

好き嫌いに関わらず、必ずやってくる大きな力。


ということをおぼえておいてね。



よい1日を過ごされますように!


数秘学クラブ'EveryghingCounts'ジョアンナより。

最新記事

すべて表示

「1」のこと。「1」へのお願い。

こんにちは。 数秘学クラブ ‘EverythingCounts’ のジョアンナです。 「1」は、 はじまり/スタート 一番/1人//自立 の数字。ほかにも 可能性 種 独創性/オリジナリティ という意味もあります。 なにかがはじまるときって、 この先、どうなるかがまだ分からない、 わくわく感と、 ドキドキする気持ち が両方あるものだけれど、 「1」はそんな数字です。 チャートに「1」がある人は、

数字のリーディングを楽しくするには。

こんにちは。 数秘学クラブ ‘EverythingCounts’ のジョアンナです。 数秘学の「はじめの一歩」は、 生年月日の数字が自分の性質を表す、 という前提を受け入れること。 数秘学って古代からの智慧で、 何千年もの間、「智慧(ちえ)の道」を進む人たちが 宗教をはじめとする、いろんな「流派」で使ってきたもの。 道ってなにか?というと、 ここでは、智慧へ達するまえでの過程/プロセス、 というこ

グローバルイヤー「3」に気をつけて。

こんにちは! 数秘学クラブ'EverythingCounts'のジョアンナです。 みなさま、いかがお過ごしですか? あっと言う間に4月も下旬、 グローバルイヤーナンバーも、 2018年「11」から、2019年の「3」に 完全に移り変わりました。 今日は、グローバルイヤー「3」のお話。 「3」は風や川のように、止むことなく、流れ続ける数字。 自由で明るいエネルギーだけれど、 コントロールが難しい、と

© 2018 EverythingCounts