カナダの悩み。

[ドタキャンの話]


日本ではやらないけれど、カナダでやってしまうことがあります。それは


ドタキャン。


日本では約束は守るし、時間通りに出かけます。突然行けなくなった、なんてこと、あったかしら...ないです。多分(やってたらごめん)。


じゃあ、カナダでドタキャンするのはなぜ?


まず。こちらの人が寛容というか、気にしないから、というのがあります。日本ではものごとはプラン通りに進みますが、こちらは逆で、計画は変更が前提。だから、カナダの人はドタキャンを含めた「計画変更」に耐性があるんですよね。鍛えられてるんです。


[個人的な事情... マダムYUKOのお仕事]


個人的な事情もあります。わたし、カナダに住んで5年目なのに、友だちがいないのですよね。住んでいるのが田舎だとか出不精だとかもありますが、一番の原因は、数秘学マダムYUKOの仕事。ズームでしょっ中、興味深い話をしてるので、生身の友だちがいなくても、さみしくないのです。


自分の友だちがいない... となると、ディナーやお茶のお誘いも、自分ではなく夫の友だちや家族からということになり、プライオリティは低くなる。セッションが入ったらそちらが優先だし、そもそも、自分が行く必要性自体を感じなかったりもして。わたしがいなくたって別にいいでしょ、という。卑屈っていうんじゃなく、事実として。


[個人的な事情... 義理をかいても食べないもの]


さらに。お誘いはカナダの年中行事がらみということも多い。クリスマスとか感謝祭とか、イースターなんかですね。で。これがまた、面倒なんですね、個人的な事情で。


カナダの人は超がつく肉食なのですが、わたしは肉は食べないのです。たとえ、義理を欠いたとしても。なのでパーティ的な場では、わたしはただの面倒な人。クリスマスも感謝祭もみんなはターキーを食べるのに、ひとりだけ別のものを用意するなり、してもらうなりしないといけない。


以前、イースターのディナーに夫の友人が招待してくれたのですが、ターキー食べられませんと言い出せず。気を使わせてはいけないと、緊張しながら、こっそりニンジンとジャガイモだけ食べて帰りました。以来、行きたくない気持ちが強くなったかも。



[悩んでる... どうしよう?]


招待はありがたくお受けするのですが(嘘じゃないです)だんだん気が進まなくなり、当日になって、本当に行くのが嫌になり、ドタキャン。というのが最近のパターン。去年のクリスマスも前日に、やっぱやーめた、となり、ひとりで5日間家に残ったし。


はじめから断る方がいいかも、なのですが、それも何だかねぇ...と中途半端な気持ち。わたしとしたことが。笑。ドタキャンを許してくれる、心の広い人たちなんですけどね。行かないと、それなりに「残念がって」くれるし。


目下の懸案は12月にやってくるクリスマス。今年は6時間離れたど田舎の弟の家に行くらしい。どうしようかなあ。今から行かないって言っとく?それとも我慢して行く?いよいよ嫌だったら、またドタキャン?


結構真剣に悩み中なのです。




甘い系は豊富にあるので、それだけ食べるという手もあり。

eating disorder に戻りそうだけど...