イヤー11/2の過ごし方

最終更新: 2018年10月30日

こんにちは!

数秘学クラブ’EverythingCounts’のジョアンナです。


今回はイヤーナンバー「11/2」のお話。


西暦4桁+誕生月の数字+誕生日の数字を足して、

合計が「11」か「2」になったら、

今年のイヤーナンバーは「11/2」


「11」と「2」は両方とも「つながり」を示す数字。


二つの数字の違いは


「11」→スピリチュアルとのつながり

    →その人にとってのスピリチュアルなものとのつながり


「2」→現実世界にあるものとのつながり

→人や仕事やものとのつながり


ってとこかしら。


イヤー「11/2」は、


1対1の関係で強く結びつく年


イヤー「11/2」のキーワードは


1対1のつながり


身近にいる人やパートナーとの関係

自分とスピリチュアルなものとの関係


こういう関係を大切にね。

それから、こんなことも意識して。


現実の世界を超えた、大きな流れに身を任せる。

宇宙への畏敬の念を忘れない。

天からの声を恐れず、疑わずに受け止める。


イヤー「11/2」の年には、


おつきあいしている人がいたら、関係を深めたくなる。

仕事や趣味、友人や家族との間に強い結びつきを感じる。

大勢より1対1の関係が心地いい。


そんな感覚があるかもしれないわ。


前の年、イヤー「1」の年に

何か新しいことをはじめているかしら?


もしそうなら、


はじめたときの

わくわく感、どきどき感が少し薄れて、


足りない部分が見えてきたり

そもそもそれをはじめたのは正しかったのか?と

不安になってくる


ということもあるかも。


ただ、心配しないで。


こういう不安やネガティブな気分も


完成/成熟までのプロセスの1つ


と思っていてね。


「11/2」の年は天からの恩恵を受ける一方、

恩恵とは逆のものを受け取ることもある、


というのは忘れずに。


2018年に世界中で起きた自然災害は記憶に新しいけれど......


1対1のつながりを大切にする。

天に身をまかせて、すべてをただ受け取る。

何だか分からない不安と不足感がある。


イヤー「11/2」ってこんな年よ。


天が守ってくれているように感じることもあるけれど!

あなたのイヤー「11/2」はどんな年になるかしら。


数秘学クラブ'EverythingCounts'ジョアンナより。

最新記事

すべて表示

「1」のこと。「1」へのお願い。

こんにちは。 数秘学クラブ ‘EverythingCounts’ のジョアンナです。 「1」は、 はじまり/スタート 一番/1人//自立 の数字。ほかにも 可能性 種 独創性/オリジナリティ という意味もあります。 なにかがはじまるときって、 この先、どうなるかがまだ分からない、 わくわく感と、 ドキドキする気持ち が両方あるものだけれど、 「1」はそんな数字です。 チャートに「1」がある人は、

数字のリーディングを楽しくするには。

こんにちは。 数秘学クラブ ‘EverythingCounts’ のジョアンナです。 数秘学の「はじめの一歩」は、 生年月日の数字が自分の性質を表す、 という前提を受け入れること。 数秘学って古代からの智慧で、 何千年もの間、「智慧(ちえ)の道」を進む人たちが 宗教をはじめとする、いろんな「流派」で使ってきたもの。 道ってなにか?というと、 ここでは、智慧へ達するまえでの過程/プロセス、 というこ

グローバルイヤー「3」に気をつけて。

こんにちは! 数秘学クラブ'EverythingCounts'のジョアンナです。 みなさま、いかがお過ごしですか? あっと言う間に4月も下旬、 グローバルイヤーナンバーも、 2018年「11」から、2019年の「3」に 完全に移り変わりました。 今日は、グローバルイヤー「3」のお話。 「3」は風や川のように、止むことなく、流れ続ける数字。 自由で明るいエネルギーだけれど、 コントロールが難しい、と

© 2018 EverythingCounts