© 2018 EverythingCounts

イヤー「8」の過ごし方

こんにちは!

数秘学クラブ’EverythingCounts’のジョアンナです。


今回はイヤーナンバー「8」のお話。


イヤーナンバーの計算の仕方は、このブログにある

「グローバル/パーソナル・イヤーナンバー」

という記事を見てね。


イヤー「8」は

収穫の年

数秘学では、


ものごとは9年の周期で巡っていく


と考えるけれど、

収穫の年であるイヤー「8」は、

はじまりの年イヤー「1」で植えた種が

だんだん大きく成長し、

実った果実を収穫する。

そんな年なの。

イヤー「8」で大切なのは、

「攻めの」姿勢

これまで、やれることはすべてやってきた。

後悔もないし、恐いこともない。

差し出されるものは

自信を持って受け取る。

できそうだと思うことは

ためらわずに突き進む。

チャンスがやってきたら逃さず

自分のものにする。

こんな強気な姿勢でいくのが吉、ね。

「8」は男性エネルギーの数字。


男性との出会いや別れがあるかも。


イヤー「8」は、女性も男性も

男前でカッコいい

感じを意識してね。

「男らしい」って、

男性のためだけの言葉じゃない。

自信たっぷり、

後戻りなし、

後悔もなし、

転んでも自分で起き上がる、

弱いものは守る、

情報過多な世の中なので、

慎重にもなりがちだけど、

恐れやためらいはとりあえず脇において

目的に向かってひたすら突き進む

そんなエネルギーを大切に。

持っているものを周りに分け与える

というのも「8」

お金との縁も強いイヤー「8」だけれど

たくさん入ってきたら、

自分のためだけに使ったり

貯め込んだりするのではなく、

人に「分ける」のも忘れずに。

寄付をするとか、

チャリティをするとか、

家族のために使うとか、


ちょっと高くても

環境に留意した商品を提供する会社の製品を買うとか、

フェアトレードのコーヒーやチョコレートを選ぶとか、

お金を「分ける」っていろいろな方法がある。

自分なりの方法を探してみてね。

1つ注意点。

イヤー「8」で収穫できるのは

あくまで、これまでしてきた努力に対して

「8」の年だから

理由もなく大金が舞い込んでくるわけではなく、

これまでの積み重ねの結果が形になるっていうこと。

そういう「報酬」はお金として得られることも、

人脈や機運など、無形のものとして手元にやって来ることもある。

当然、これまで、なーんにもしてこなかったら、

それなりのものしか、手元に来ないから、

それはおぼえておいてね。

失敗も成功もオレのもの。

イヤー「8」ってそんな年。

ある意味、厳しいわよね。


「8」ってもとから、

厳しい数字なのよね。


それでは今日はここまで!またね。

数秘学クラブ’EverythingCounts’のジョアンナより