イヤー「6」の過ごし方

こんにちは!

数秘学クラブ’EverythingCounts’のジョアンナです。


今回はイヤーナンバー「6」のお話。


西暦4桁+誕生月の数字+誕生日の数字を足して、

合計が「6」になったら、

今年のイヤーナンバーは「6」


イヤー「6」は

行動、身体がキーワードだったイヤー「5」に続く年


ただ、「6」の年は、

アクティブな活動を少しお休みして、

自分の心を感じてみるとき。


大勢の人たちとのネットワークから離れて

家族や、大切な人と過ごすとき。


心や自分の思い、

家族や心を寄せる人たち、

リラックスして落ち着ける家での時間


こういったことを大切にするといいの。


イヤー「5」で出会った人たちの中で、

心ひかれる人がいたかもしれない。

そんな人と親密な関係を築く年になるかもしれないわ。


新しい家族を持ったり

結婚したり、

家の中で動きがあったり、

場合によっては問題が生じたり、


何かと家族の存在が気になる、ということもある。

それはイヤー「6」の自然な流れ。

抗わずに、そのまま受け止めるようにね。


ちなみに、家族といっても、いろいろな形があるけど

家族=血縁、ということではなくて、

家族のように感じられる親しい人たちのことね。


イヤー「6」におすすめなのは、


心が自然に開くような

思いを感じられるような

心が動くような


そんなアクティビティ。大切にしたいのは


「好き」という気持ちと

そこから生まれてくる感情。


人でも、ものでも、飼っているネコでも

仕事でも趣味でも、


心から好き。


と思う、その気持ちを大切に。


イヤー「6」には


涙もろくなったり、

すぐに感動しちゃったり、

感情を強く感じるようになったり。


心のエネルギーが強まるので、

普段よりずっと繊細で傷つきやすく

なることもある。


好きな人と結びつくこともあれば、

別れて傷つくこともある。


あなたの心はどんなときに開いているかしら。


友だちとおしゃべりしているとき?

映画を見ているとき?

家族と過ごすとき?


心に停滞感がある人、

心が閉じている人は、


物理的に胸の骨(胸骨)が閉じている、


ということがあるの。


ときどき大きくのびをして、


胸の中央を左右に開くようにしてみて。

それが気持ちよくなければ、

まずは鎖骨を左右に開いてみて。


心が喜ぶもの、というのもイヤー「6」のキーワード。


食べること?

洋服?

会話?

ジュエリー?

舞台観劇?


心の栄養って大事。

イヤー「6」は心をいたわって、

たっぷり栄養をあげる年


心を楽しんでね。


数秘学クラブ'EverythingCounts'ジョアンナより。

© 2018 EverythingCounts