イヤー「5」の過ごし方

こんにちは。

数秘学クラブ'EverythingCounts'ジョアンナです。


今回はイヤー「5」のお話。


イヤーナンバーのこれまでの流れを

ざっと説明してみると、


「1」の年ではじまり、わくわくし、

「2」の年でつながり、少し慎重になり、

「3」の年で遊んで自由なアイデアを得て、

「4」の年でそのアイデアをもとに計画を立てる、


では「5」の年はどんな年?かというと、


行動を起こす年


△考えるとか、

△アイデアを練るとか、

△計画を立て直すとか、


ではなくて、


◯物理的に身体を動かして、

◯「4」の年で立てた計画を

◯どんどん実行に移す


これが「5」の年にすべきこと。


頭ではなくて、身体。

考えるのではなくて、実践。

家にいるより外。


旅行もおすすめだし、

引っ越しにも適した年。


外出の機会が増えると、

人とのつながりも増えて、

ネットワークが広がっていく。


それがさらに、計画の実行を後押しする。

こんな流れができれば理想的ね。


「5」は出会いの年でもあるの。


出会いは、人と人が同じ空間にいないと成立しない。


オンラインでも、つながりはできるけれど、

五感が働くリアルな出会いは


行動する

身体を動かす

外に出る


ことが基本じゃないかしら。


普段から家が好きで外出は苦手

休みの日はずっと家でごろごろ、


という人は、

身体に対する感覚も鈍いかも。


そういう場合におすすめなのが


エクササイズ


行動するって、つまりは、


身体を動かすこと。


もしあなたが行動できなければ。

まずは、エクササイズをしてみて。


身体を動かして、身体が動く感覚を知るの


歩いても、踊っても、ヨガでも、なんでもOK。

時間がない人は、駅まで歩くだけでもいいの。


ちょっと汗をかくぐらいの運動をして


身体があるんだわ~。


と感じてみて。


自分に身体があることを忘れている人、

案外多いのよね。


エクササイズをして、


皮膚感覚も

体内感覚も、

筋肉も、


全部感じる。


それが必ず、行動力につながるから、

ぜひやってみてね。


数秘学クラブ'EverythingCounts'ジョアンナより。

最新記事

すべて表示

「1」のこと。「1」へのお願い。

こんにちは。 数秘学クラブ ‘EverythingCounts’ のジョアンナです。 「1」は、 はじまり/スタート 一番/1人//自立 の数字。ほかにも 可能性 種 独創性/オリジナリティ という意味もあります。 なにかがはじまるときって、 この先、どうなるかがまだ分からない、 わくわく感と、 ドキドキする気持ち が両方あるものだけれど、 「1」はそんな数字です。 チャートに「1」がある人は、

数字のリーディングを楽しくするには。

こんにちは。 数秘学クラブ ‘EverythingCounts’ のジョアンナです。 数秘学の「はじめの一歩」は、 生年月日の数字が自分の性質を表す、 という前提を受け入れること。 数秘学って古代からの智慧で、 何千年もの間、「智慧(ちえ)の道」を進む人たちが 宗教をはじめとする、いろんな「流派」で使ってきたもの。 道ってなにか?というと、 ここでは、智慧へ達するまえでの過程/プロセス、 というこ

グローバルイヤー「3」に気をつけて。

こんにちは! 数秘学クラブ'EverythingCounts'のジョアンナです。 みなさま、いかがお過ごしですか? あっと言う間に4月も下旬、 グローバルイヤーナンバーも、 2018年「11」から、2019年の「3」に 完全に移り変わりました。 今日は、グローバルイヤー「3」のお話。 「3」は風や川のように、止むことなく、流れ続ける数字。 自由で明るいエネルギーだけれど、 コントロールが難しい、と

© 2018 EverythingCounts