イヤー「1」の過ごし方

こんにちは!

数秘学クラブ’EverythigngCounts’のジョアンナです。


今回はパーソナルイヤーナンバー「1」のお話。


まず、パーソナルイヤーナンバー「1」は、


西暦4桁+誕生月の数字+誕生日=「10」→「1」


•その年の西暦

•自分の生まれた月

•自分の生まれた日


この三つをの数字を

「11」以下になるまで足した数が

「10」→「1」になる人ね。


2月24日生まれの人の今年のイヤーナンバーは


2018+2+24=11+2+6=10 →1


「1」は「はじまり」の年で

9年周期の1年目。


イヤーナンバー「10/1」の人がやった方がいいこと。


「何かを新しく始める」


これに尽きる!


「1」には種、可能性という意味があるけれど、

イヤー「1」は、種まきの時期

どんな風に育つかは分からなくても、


可能性を信じて、

希望をこめて、

大きく成長することを願って


種をまくの。


イヤー「1」は、

新しいことをはじめるのにぴったりの年よ。

同じ生活を続ける中でも、


新しい考え方や、

新しいものの見方やアプローチや、

新しい人との関わり合い、


なんかがあるといいの。


ビジネスをはじめたり

転職したり

新しい習い事をはじめたり


イヤーナンバー「1」の人は、

小さいことでもいいので、

生活に「新しい風」を送り込んで

「1」のはじまりのエネルギーを感じながら

一年を過ごしてみてね。


イヤー「1」の注意点。

それまでの過去から引きずっている


習慣

思い

人間関係


なんかはないかしら?

そういうものがあったら、


きちんと清算すること。

手放すこと。


過去の産物は、はじまりの足かせになる。


いらないものは勇気を持って手放して

まっさらな状態から

イヤー「1 」をスタートしてね。


よい1日を!

数秘学クラブ'EveryghingCounts'ジョアンナより。

最新記事

すべて表示

「1」のこと。「1」へのお願い。

こんにちは。 数秘学クラブ ‘EverythingCounts’ のジョアンナです。 「1」は、 はじまり/スタート 一番/1人//自立 の数字。ほかにも 可能性 種 独創性/オリジナリティ という意味もあります。 なにかがはじまるときって、 この先、どうなるかがまだ分からない、 わくわく感と、 ドキドキする気持ち が両方あるものだけれど、 「1」はそんな数字です。 チャートに「1」がある人は、

数字のリーディングを楽しくするには。

こんにちは。 数秘学クラブ ‘EverythingCounts’ のジョアンナです。 数秘学の「はじめの一歩」は、 生年月日の数字が自分の性質を表す、 という前提を受け入れること。 数秘学って古代からの智慧で、 何千年もの間、「智慧(ちえ)の道」を進む人たちが 宗教をはじめとする、いろんな「流派」で使ってきたもの。 道ってなにか?というと、 ここでは、智慧へ達するまえでの過程/プロセス、 というこ

グローバルイヤー「3」に気をつけて。

こんにちは! 数秘学クラブ'EverythingCounts'のジョアンナです。 みなさま、いかがお過ごしですか? あっと言う間に4月も下旬、 グローバルイヤーナンバーも、 2018年「11」から、2019年の「3」に 完全に移り変わりました。 今日は、グローバルイヤー「3」のお話。 「3」は風や川のように、止むことなく、流れ続ける数字。 自由で明るいエネルギーだけれど、 コントロールが難しい、と

© 2018 EverythingCounts