イヤー3の過ごし方

最終更新: 2018年10月30日

こんにちは!

数秘学クラブ’EverythingCounts’のジョアンナです。


今回はイヤーナンバー「3」のお話。


西暦4桁+誕生月の数字+誕生日の数字を足して、

合計が「3」になったら、

今年のイヤーナンバーは「3」


「3」は子どもの数字。


子どものように後先のことを考えず

無責任に、自由に、

思いつくままに好きなことをして遊ぶ。


楽しそう!と思ったことは

ためらわずに何でもためしちゃう。


失敗しても、まーいっか。大丈夫。で終わり。


計画なし。

先の見通しなし。

重圧なし。


軽く、風や水のように流れるように進んでいく。


イヤー「3」はそんな年。


普段からきっちり、計画マインドがある人だと


好き勝手をする。


という「3」のエネルギーとは「相容れない」

と思うかもしれないけれど、イヤー「3」は

そんな風に


遊ばなくてはいけない年


なの。


というのもその次には

計画の年、イヤー「4」がやってくるから。


この先どうするか?

という見通しが大事な年だけど

計画ってアイデアが豊富じゃないと、

すごーくつまらないものができるのよ。


イヤー「3」で遊んで、

アイデアを増やしておかないと

カチカチでやせ細った計画しかできない。


おもしろいもの

ばかばかしいもの

奇想天外なもの


イヤー「3」はこんなものが大事。

そういうものが人生を豊かにしてくれる。


究極の目標は


大人な子どもでいること


大人としての責任みたいなものを

最低限ギリギリで果たしながら

あとは「しらなーい」と楽しむ。


楽しむ、というのは、


自分が楽しいことをする


ってこと。


パーティに行くだけが楽しいことじゃないから、

自分が心からわくわくできることをやってね。


あなたにわくわく感をくれるのは何?


Have a nice year 3!!

数秘学クラブ'EverythingCounts'ジョアンナより

最新記事

すべて表示

「1」のこと。「1」へのお願い。

こんにちは。 数秘学クラブ ‘EverythingCounts’ のジョアンナです。 「1」は、 はじまり/スタート 一番/1人//自立 の数字。ほかにも 可能性 種 独創性/オリジナリティ という意味もあります。 なにかがはじまるときって、 この先、どうなるかがまだ分からない、 わくわく感と、 ドキドキする気持ち が両方あるものだけれど、 「1」はそんな数字です。 チャートに「1」がある人は、

数字のリーディングを楽しくするには。

こんにちは。 数秘学クラブ ‘EverythingCounts’ のジョアンナです。 数秘学の「はじめの一歩」は、 生年月日の数字が自分の性質を表す、 という前提を受け入れること。 数秘学って古代からの智慧で、 何千年もの間、「智慧(ちえ)の道」を進む人たちが 宗教をはじめとする、いろんな「流派」で使ってきたもの。 道ってなにか?というと、 ここでは、智慧へ達するまえでの過程/プロセス、 というこ

グローバルイヤー「3」に気をつけて。

こんにちは! 数秘学クラブ'EverythingCounts'のジョアンナです。 みなさま、いかがお過ごしですか? あっと言う間に4月も下旬、 グローバルイヤーナンバーも、 2018年「11」から、2019年の「3」に 完全に移り変わりました。 今日は、グローバルイヤー「3」のお話。 「3」は風や川のように、止むことなく、流れ続ける数字。 自由で明るいエネルギーだけれど、 コントロールが難しい、と

© 2018 EverythingCounts